いしど式で “社会にでて強い子”を育てる

相手より先にあいさつをする。
名前を呼ばれたら、「はい」と返事をする。
家に上がるときは靴をそろえる。
悪い事をしたら「ごめんなさい」と言って謝る。

こうした当たり前だった社会の常識が、“常識”でなくなりつつあり、
時代の変化とともに教育の現場において、そうしたしつけ教育が
薄れてきています。

怒られる、指導されるという機会が減り、社会にでてすぐに諦めてしまう
大人が多くなりました。

いしど式そろばん教室は、ただそろばんを習う、計算ができるようになる
だけではありません。いしど式教育の根底にあるのは、
“社会にでて強い子”を育てるということです。

『1.2倍』がいしど式の合言葉。10の力を持っている人は12を目指して
努力しなさいということです。
どうやってその12に持っていくかは、私たち指導者の役目です。
「授業を休んだら2倍の努力をしなさい」というぐらいの姿勢でいな
ければいけないと考えています。

いしど式礼儀作法の三原則

『あいさつ・返事・後始末』この3つの礼儀作法を徹底しています。
時には保護者のみなさま以上の厳しさで教えることもあります。

“子どもだから”という考え方をせず、大人の社会と同じルールを
子どもに伝えているから、他の習い事と違って少し厳しいかも?
と思うかもしれませんが、それはどれも社会にでてから必要なことなのです。

いしど式そろばん教室の卒業生が、
当時のことを振り返って、「あの時の厳しさがあったからこそ、
今がある」と声をそろえて言っています。
卒業生のインタビューはこちら↓

まとめ

“しつけ”は自分をプラスに持っていくための能力です。
社会にでてすぐに諦めてしまう大人にならないためにも、
小さな頃に頑張り続ける経験と礼儀作法を、徹底して身に付けさせる
ように心がけています。

関連するまとめ

そろばんの先生の資質

教えるのはテキストではなく、人です。人にこそがいしどの強みです。そんな、そろばんの先生にとって必要な資質や、…

いしど式まとめ編集部 / 1386 view

家でも役立つ!イメージトーク例

前向きなほめ言葉で、自己肯定の心を養う、『イメージコントロール法』。今日も一人でも多くの子どもたちへ、ひとつ…

いしど式まとめ編集部 / 300 view

いしど式テキストの秘密とは…?スモールステップ方式で“楽しく学ぶ”

自信が持てない子には、少しずつでも確かな成功体験を。進度の早い子には、さらなる向上心の刺激を。40年以上の珠…

いしど式まとめ編集部 / 305 view

関連するキーワード