こんにちは、フィリピン・セブ島でそろばん塾を運営しているT. Meiです。
当初フィリピン小学生たちが「かけ算九九」すらまともに言えない状況に、大きな衝撃を受けました。今回の記事では、なぜフィリピン人の基礎学力が低いのか、筆者が考える2つの理由に迫ってみました。

理由1. フィリピンでは長年詰め込み教育が行われてきた。

フィリピンでは2013年、義務教育期間を合計13年間(K1-6-4-2)とする「K-12」への教育改革が行われました。

つい最近までフィリピンの義務教育はたったの「10年間」しか行われてきませんでしたが、教育改革後、ハイスクールを2年延長し計6年間へと変更しました。

狙いとしては、12年間の基礎教育を条件とする海外大学への進学が難しかったことへの是正や全体の基礎学力向上を図るためと思われます。

日本では小中高の「6-3-3」の12年間が義務教育期間にあたりますね。
国際的にも日本と同じく12年間が一般的なようです。

フィリピンでは、他の国で12年間でやること授業内容を「10年間」で学習する必要があったため、国際的にも学力は低い傾向がみられました。

理由2. 英語偏重が基礎学力の低下を招いた、かもしれない。

国際教育到達度評価学会(IEA)の国際数学・理科教育動向調査によると、2003年調査においてフィリピンは参加国のなかで下位に位置する。14歳(日本の中学2年生相当)では、数学が参加国46カ国中42位、理科が46カ国中43位であった。近隣諸国のマレーシアやインドネシアをも下回っている。

現在フィリピンの公教育では、一部の科目を除いて幼稚園から高校までの13年間の「英語教育」が義務付けられています。

家庭や友人間では、セブアノ語やフィリピン語(=母国語)を使用し、一方で学校や公の場では英語(=公用語)で授業が行われます。

ただし必ずしも全員が幼少の頃から英語に慣れ、満足に授業をこなせる訳ではありません。

そのため先生の話す英語についていけない生徒は必然的に授業においていかれ、結果小学生すら卒業できずにドロップアウトしてしまう子供達も多くいます。


一方、英語で理解できている子も授業に対する理解は「母国語で学ぶ」ほど高くないように見えます。

大学卒業までにたっぷりと英語教育に浸かることにより「英語力自体は伸びるが、一方で他の科目への理解が全体的に浅くなっているのではないか」ということが有り得るのではないか、ということが筆者自身の持論です。

以上、「フィリピンの基礎学力が低いのか」に対するの筆者の持論でした。

日本では、早期の英語教育をさせる動きが有りますが、あまり英語に偏りすぎた教育をしてしまうと日本の高い学力レベルに影響が出そうですね。

今回はここまで!
最後までお読み頂きありがとうございました!

関連するまとめ

そろばんができる人の頭の中はどうなっているの?

そろばんができる人には普通のことですが、「そろばんを頭に中に出す」ということが、できない人にとっては不思議に…

いしど式まとめ編集部 / 1951 view

そろばんが再注目される3つの背景

電卓やPCの登場によって実務価値を失い、一時期は急速に衰退してしまったそろばん。それがいまや、単なる計算道具…

いしど式まとめ編集部 / 1694 view

大人になってからでもそろばんは効果的なの?

そろばんは子どもの習い事と考える人も多いですが、日本では古くから生活に密着した計算用具として人々の生活に役立…

いしど式まとめ編集部 / 5555 view

関連するキーワード

T. Mei

2016年末より、フィリピン・セブ島でいしど式そろばん塾を運営しています。
”海外&そろばん”というテーマを軸に、記事を発信していきたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング