言い訳ができるのは成長のひとつでもある

あるお母さんから相談されたのは、
「うちの子、言い訳ばかりしてちっとも反省しないんです。
悪いことをしたなら、ちゃんと謝れる子になって欲しいんですけど」

確かに! お母さんの気持ちはよく分かります。
同時に、言い訳が出来るという事は、
それだけ成長したという事でもあります。

自分をよく見せたいとか、有利にしたいというのは
知恵を働かせなければできないことですよね。

事実の確認と共感で気持ちの整理をしてあげることが大切

親が頭ごなしに怒ってしまうことが多いと、
怒られたくないから言い訳をするようになりがちです。

間違ったことをした時にでも、まずは事実の確認と共感です。
例えば「お友達を叩いちゃったの?」「お友達はどうしてた?」
「痛かったから泣いていたのかな?」など、
事実を整理しながら、なぜそうなったのかを
子ども自身が整理できるようにします。

そうすると、相手が叩いてきたから一方的に悪い、
という言い訳から、相手の気持ちを考えるきっかけが出来たり、]
時には、自分がおもちゃを奪ったから相手が叩いてきたんだ
という事実が分かったりします。

まずは心に余裕を持ち、本質をつかんで

「どうして宿題やらないの」と、怒鳴る前に、
どうしてできなかったのか、
そもそもなぜ宿題をやらなければいけないのか、など
子どもの言い訳にいちいち反応せずに、
どうすれば解決できるのか、本質を見失わないようにしましょう。

そのためにはまず、親に心の余裕が必要ですね。

関連するまとめ

子どもが嘘をついたら【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1926 view

そろばんに競技大会は必要なの?【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1651 view

やる気にさせる前準備【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 2251 view

関連するキーワード

いしど式代表 沼田先生

いしど式代表  石戸珠算学園 学園長 
沼田 紀代美 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング