社会人にこそ役立つ「そろばん効果」とは?

そろばんの効用として、単に計算力がアップするだけではなく、「集中力」、「数字を注意深く読み取る能力」「イメージ力」「ひらめき力」「記憶力」「情報処理能力」「速く聴き、速く読む力」などの良い影響がたくさあります。こうした能力は身に付けば10年、20
年、いえ一生役に立ちます。

参考:いしど式まとめ記事「やっぱりそろばんはスゴイ!身に付く6つの力」

そろばん学習は幼少期から始めるほど、右脳の活性化が著しく、能力開発にもより効果が期待できるとされています。ですが大人になってからそろばんを始めても遅くはありません。大人になってから始める方が、基礎計算力がついていて「なぜ、そろばんをやるのか」という目的を理解しているので、身に付くスピードは子どもよりも早いと言われています。

また、2005年以降は「脳トレ」ブームでゲームやクロスワード、今では大人の塗り絵や脳トレアプリなどがスキルアップのスールとして浸透しています。その多くは手軽な反面、目だけ、頭だけ、手先だけを動かすもの多いです。その点、そろばんは見て、聞いて、指を動かして、確かめて、判断する。この五感をフルに稼働させることで脳が活性化され、朝の5分やるだけでも脳が目覚め、その日の仕事もはかどるでしょう。朝活に「そろばん」はいかがでしょうか?

ゆとり教育世代にこそ必要だった!そろばん教育

いわゆる「ゆとり教育」は、1992年に本格化され授業時間数が削減され、学習内容も大幅な見直しが行われました。学習塾を重視する教育方針が広がり、運動能力の低下、ゲームのハイテク化など、子どもの生活環境がガラっと変わりました。そうした「ゆとり世代」が社会人となり、日本社会を支えてきた「団塊の世代」とバトンタッチをし始めていま
す。

厳しい就職活動を終え、新社会人として新しい環境に胸躍らせて、周囲の期待を一身に受け、その目には自信で満ち溢れている。しかし、その新人たちの多くが、基礎体力もなく怒られたことも少なく、自分の限界を感じたことも乗り越えていないこともない新人の多くが、社会にでて「こんなはずではなかった…」と現実を付きつけられるのです。平成24年3月卒業者(大学生)の3年以内の離職率は32.3%でした。(厚生労働省のHPより)

そろばんは、他の習い事と比べると一見華やかではないかもしれません。ですが、競技会や検定試験ともなれば、完全に自分自身との戦いであり、0.01秒を競う、まるでアスリートのような世界です。「物事をやり遂げる力」「困難を乗り越える力」など、まさに、社会人にとって必要な要素がぎゅっとつまっているのです。

ひそかにブームになっていた!?今、大人のそろばんが熱い!

近年「そろばん」の効用が再注目され、大学が「そろばんの力」を再評価しているようです。そんな中、そろばんを習い始める大人の方が急増しています。そろばん教室のほとんどが年齢を問わず、子どもから大人の方まで幅広い生徒が在籍するそろばん教室もあります。社会人向けに仕事が終わってからでも通えるよう、夜もやっているそろばん教室もありますので、まずはお近くのそろばん教室を探してみましょう。

近くにそろばん教室がなかったり、子どもに混ざって習うのに抵抗がある…という方には、『インターネットそろばん学校』がおすすめです。パソコン・タブレット・スマートフォンなどのインターネット環境とそろばんを準備するだけで、そろばん教室に通うよりがリーズナブルですし、自分のライフスタイルに合わせて隙間時間で学べるところが、大人の受講者に人気のようです。

記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?大人だからといって、そろばんを始めるのに遅くはありません。まずは、頭の運動に、速算力をつけたい、数字に強くなりたいという理由からでも、初めてみてはいかがでしょうか。「何かスキルアップをしたい」と考えたときに、『そろばんの力』を思い出してみてください。きっと、日常で役立つスキルが身に付くでしょう。

*参考文献 「できるこはやっぱりそろばんをやっている」著:塩澤雄二 監修:石戸謙一

PR

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング