完璧を目指さない

子どもに何かを教えようとしたけど、イライラして上手くいかない、
子どもも言うことを聞かないなんてことはありませんか?

私たちがよく耳にするのは、良かれと思って
親がそろばんのアドバイスをしたら子どもとけんかになった。
親が教えるのは難しいですねという声が聞こえてきます。

子どもに完璧であることを求めようとするほど、うまくいきません。

「できたこと」を褒める子育て

お子さんが初めて歩き始めた時を思い出してみて下さい。
よちよちと数歩歩けただけで、大喜びしたことでしょう。
最初から完璧を求めた人はいないと思います。

何度も転びながら、上手になる過程を見守っていたはず。
それなのに、いつの間にか大人は最初からあれこれと注文をつけて
指示命令するようになります。

加えて、子どもの脳はまだ未発達ですから、
大人のように同時処理をすることはとても難しいものです。

「明日でいっか」の心構え

そろばんで例えるなら、数字を読み、数を認識し、決められた指で珠を動かす。
この難しい動作をしている最中に「姿勢はこうして、、」「左手は、、」
「書き順は、、、」あれも、これもと欲張るほど、
全てが上手くいかなくなります。

初めから、全てをキチンとやろうとしてはいけません。
まずは、できたところ、わかったところだけやってみればいいのです。
「今日出来なかったら、明日でいっか」
そんな心構えが子育てには大切なんです。

関連するまとめ

親が笑顔でいるための努力をしていますか?【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 854 view

しかり方のルール【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1675 view

子どもを一流にするしつけ【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1438 view

いしど式代表 沼田先生

いしど式代表  石戸珠算学園 学園長 
沼田 紀代美 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング