「~しちゃいけません」は逆効果?

子どもを注意する場面を思い出してみて下さい。
危ないことをしないようにとか、約束を守って欲しい時。
とっさに出てくる言葉は、どんな言葉でしょうか。

注意をする時の「~しちゃいけません」という言葉は、
子どもの心には届きづらいのです。
それどころか、同じ間違いを誘導する言葉になってしまいます。

禁止するほどやりたくなる思考回路

例えば、「甘いものを食べないようにしよう」と思えば、
思うほど食べたくなってしまいませんか? 

脳は否定語を受け付けにくい構造になっていますから
「~しちゃいけない」と禁止するほど、やりたくなってしまうのです。

例えば、種を撒いた花壇に入って欲しくない時には「立ち入り禁止」
という看板を立てるよりも「きれいなお花を育てています」
と書いたほうが効果があります。

肯定することにより意識改善

公共のトイレも「汚さないで」よりも、
「きれいに使ってくれて有難う」と書いてあるほうが、
汚れが少ないという事例もあります。

片づけをして欲しいときは「そんなところに出しっぱなしにしないで」
ではなく、「ここに置こうね」。
歯を磨いて欲しい時には「歯磨きしないと虫歯になるよ」
ではなく、「きれいな歯は気持ちがいいね」など、
否定語を使わないこと。
そして、望ましい状態を想像させる言葉に置き換える。

大人側の訓練が必要ですが、これを意識すれば、
ついかっとなって怒鳴ってしまうことも減るはずです。

関連するまとめ

結果を褒めずに、過程を褒める【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1829 view

第4回「論理より感性が重要」

第4回「論理より感性が重要」

石田勝紀 / 2116 view

本番に強い子になるには【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 2242 view

関連するキーワード

いしど式代表 沼田先生

いしど式代表  石戸珠算学園 学園長 
沼田 紀代美 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング