“頭の中のそろばん”を使う

そろばんを習い、珠算式暗算が身に付くと
「頭の中にそろばん」ができあがってしまうのです。

そろばんをやっていれば、自然と身に付くわけではなく
「珠算式暗算」をしっかり練習するかが大切です。

いしど式そろばん教室では、珠算式暗算練習に力を入れていることはもちろん
珠算の初歩指導から暗算力向上を意識して、
「8の珠を頭の中でイメージをしてから、8の形に変身させましょう」
というように、必ずイメージをさせてから珠を動かすようにしています。
そうすることで、よりイメージが頭に残るようになります。

何十年たっても役立つ力

練習を積んで上達してくると、頭の中のそろばんのイメージが明確に
なりはじめ、自然と指が勝手に動き始めます。
このレベルになると集中力やけ計算力、記憶力などに違いが表れ始めます。

【珠算式暗算は一生の宝】
大人になっても頭の中のそろばんが消えることはありません

珠算式暗算法というは右脳で覚える長期記憶なので、
訛はあるかもしれませんが、おそらく何十年たっても忘れることはないでしょう。
頭の中でそろばんをイメージすることで指が動くということは、
脳が活発にかつ正常に機能している証拠とも言えるでしょう。

▲いしど式そろばん教室を卒業して何年経っても、受験勉強や就職に役だったと話す、卒業生達。

そろばんは日常生活でどれだけ役立つの?

そろばんをやっている人は日常生活の中で、無意識に頭の中にそろばんを
イメージしています。
日常生活の中でどれだけ役に立つのか、そろばんができる人の頭の中を
年代別に見てみましょう。

【学生】
先生が黒板に問題を書いている間に、筆算を使わず答えがでてきます。
算数・数学・統計の計算や資料作りにも役立つでしょう。
夏休みの宿題も、最初の一週間で終わらせてしまうという生徒がほとんどです。

【社会人】
買い物や商談の場面で、電卓を使わなくてもスピーディーに計算することができます。
速算力がつくと業務効率化を図れます。将来のために貯金をしたいな、
というときのお金のやりくりにも役立つでしょう。

【主婦】
財布の中がピンチの状態で買い物に行っても、値段を見て、
税抜きはいくらなのか瞬時に計算できます。また、家計簿をつけている
方は、レシートの計算や今月使えるお金がパッと計算することもできます。

【シニア】
見て、聞いて、指を動かす。この一連の動作が脳に働きかけることに
よって、物忘れの改善・認知症予防に役立つといわれています。
脳のトレーニングにはもってこいです!

まとめ

身に付いた計算力は一生ものです。「そろばん」は日常生活に役に立つと
近年再注目されています。
計算に強くなり、自身がつくのは間違いありません。
続けられるかが、ちょっと不安・・・という方もたいていのそろばん教室では「体験学習」を実施しています。
一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

そろばんは何歳から学ばせるのがベスト?

お子さんにそろばんを学ばせたいと考える保護者の皆さんからのお問い合わせで一番多いのが、何歳から始めるのがいい…

いしど式まとめ編集部 / 5706 view

『そろばん』でできる、すごい事①

そろばんは脳を活性化するということがわかってきていますが、具体的にどんな計算ができて、どんな特徴があるのでし…

いしど式まとめ編集部 / 2205 view

そろばんの歴史について

原形は4〜5,000年前、メソポタミア地方で生まれたとされ、人類の歴史において重要な役割を果たしてきたそろば…

いしど式まとめ編集部 / 2963 view

関連するキーワード