叱り方って難しい・・・

最近のパパ、ママの悩みに「どう叱ればよいかわからない」
「厳しくしすぎて子どもに嫌われるのが怖い」
などの声が聞こえてきますが、
皆さんはどうですか?

上手に叱るためにはルールがある

上手に叱るためにはルールがあります。
まず一つ目に叱る基準を定めること。
例えば、私たち大人でもこんな事はありませんか?
「丁寧に掃除をしたら時間がかかりすぎだと言われたので、
急いでやったら手抜きだと言われた」
「手土産を持っていったら相手に気を遣わせると言われたのに、
手ぶらで言ったら気が利かないと言われた」
「人数分のお菓子を用意したら、足りなくなったら困ると言われたので、
多く準備したら無駄遣いだと言われた」
結局どうすればいいの? 
時と場合によって判断基準が違うことはわかるけど、
大人でも悩んでしまいますよね。
子どもも同じことをしたのに親の機嫌が悪いと叱られて、
機嫌のいい時は何も言われないということがあると混乱します。
機嫌や状況によって変わることがあってはいけません。
良いことと悪いことの基準を明確にして、
どんな時でもよくないことをした時はしっかりと叱りましょう。

子どもの成長のカギは...『大人の叱り方』

いしど式そろばん教室のルールは単純明快
「立ち歩かない、後ろを向かない、おしゃべりしない」です。
そして、その目的を明確にすること。
基準と目的が定まっていれば、
子どもも叱られたときに不貞腐れたりせず、素直に反省できるのです。
大人側が叱る基準と目的をしっかり決めていれば、
上手な叱り方ができるのです。

関連するまとめ

そろばんの先生のやりがいを紹介します!

いしど式にはたくさんのやる気あふれる先生がいます!そろばんの先生のやりがいや先生を目指したきっかけなどを、現…

いしど式まとめ編集部 / 1285 view

習い事ってどうやって決めればいいの?【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 590 view

やってみたい気持ちを尊重しましょう【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 847 view