未経験でもそろばんの先生になれる?

そろばんを教える為には何か資格の様なものが必要なのでしょうか?学校の先生のような国家資格といったものはそろばんの先生はありません。しかし、そろばんを子ども達に教える必要がありますので、基本的なそろばんの知識は必要です。
資格については、各教室やそろばん団体の基準があります。昔そろばんをしていても「長い間していないので心配」といった方の為に教育制度があるところが多いです。まずは、募集されている教室などに直接確認すると良いでしょう。

それでは先生になる方法についていくつかありますのでご説明しましょう。
・そろばん教室のアルバイトや講師として働く
・そろばんの団体に入って開業する
・そろばんの団体に入らずに個人で開業する
といったものが主なものになります。いきなり、開業して教えるといったものではなくても、現在あるそろばん教室で講師としてアルバイト、パートタイムとして働くこともできます。指導は未経験でも問題ありませんが、ご自身もしっかりそろばん技術を高めていく姿勢が大切かもしれません。

家庭と両立!そろばんの先生のパートタイム講師

育児などが一段落して「働きたい」と考える方が多くいらっしゃると思います。そろばんの経験がある・子育ての経験がある・子どもが大好き・昼間の時間を有効的に使いたい、という人は「そろばんの先生」が向いているかもしれません!

自分のライフスタイルに合わせて働けるアルバイトやパート。そろばん教室によって仕事内容は異なりますが、まずは補助スタッフとしてそろばんを教えることが一般的です。「いしど式そろばん教室」では、徐々に慣れてきたら、一人で1クラスを担当したり、教室長や正社員にステップアップができます。

自分で教えたい!そろばん団体に入って教室を開くには?

珠算団体に入って、先生の基準を合格して教室を開くことがでます。各団体によって教室を開きたい方の為に説明会を開く団体も多いようです。
教室を開く場合も事前に講習会などが行われ、教える・教室を運営する為の一定の基準が設けられている団体もあります。

自宅などで教えたい方や施設などに出向いてそろばんを教えたい方など、その団体によって内容が異なってくる場合がありますので事前に確認すると良いでしょう。
各講習会や学習支援や運営支援や指導といったものがある為、初めての方でも不安なく自分で教室を開くことができる為のフォローがあるのは心強いのではないでしょうか。

「そろばんの先生になろう」は、珠算経験ゼロから、指導者として活躍することを想定したカリキュラムとなっているため、初心者の方でも安心です。団体加盟もスムーズにでき、開校後のバックアップを受けることも可能です。

そろばん教室の先生についてのまとめ

最後にそろばんの団体に入らず、自宅などで個人的に教える事についての注意点です。
自宅で無理のない範囲内で子どもさんのお友達やご近所の子どもさんを教えることは可能です。テキストなども市販のテキストを購入して教えることになるでしょう。出版社などで問い合わせをして確認することも可能です。
ただ、検定の受験について、個人で技能検定を受けることになるので、各団体が独自で行っている試験を受験することが難しいかもしれません。
商工会議所主催の珠算検定1級から6級を受験することができます。段位取得と10級から7級からについては、日本珠算連盟が主催で商工会議所が後援のものになりますので詳細は確認が必要となります。
保護者からの信用度や生徒のことを考えると、団体加盟が望ましいかもしれません。

いかがでしたでしょうか?そろばんの先生として、個人でそろばん教室を開くことも可能ですし、お近くのそろばん教室でアルバイトやパートを始める、そろばん団体に入って教室を開くといった様々な形で先生になることができます。
そろばんの先生は、子どもの成長を近くで見ることができる素敵な仕事です。自分のライフスタイルに合わせて『自分らしい』そろばんの先生として活躍してみて下さい。

「そろばんの先生に興味がある!」という方へ。資料請求はこちらから↓

関連するキーワード