成功体験が大きなカギ

どんな小さなことでも、自信があることや、一生懸命に努力した経験がある子は、
その後の人生において積極性があり、意欲が高い傾向があります。
それはスポーツでも、音楽でも、勉強でも、どのような分野であっても、
自分の強みだと自分自身が感じられる成功体験があればいいのです。
多少苦手なことがあっても、それを上回る得意を作ることのほうが自信になります。
これまで消極的だった子が変わる時には、
何らかの強い成功体験があることが多くあります。

様々な場面で自信を持つことができる

そろばんでは、人よりも「計算が得意」とか、
「算数の時間は一番に手が挙がる」ということで自信を持つ子もいます。
検定試験の合格や、競技大会での活躍の場もあります。
または、長い期間をかけて「やり続けられた」ということも大きな自信になります。
特定の分野に深くかかわることは、高い山ほどすそ野が広いのと同じで、
そこから学ぶ教訓も多いものです。

選択肢から得意を見つけ「やればできる」という自信を

現代は、子どもの習い事においても選択肢が豊富で、
色々な経験をさせたいという思いもあるでしょう。
視野を広げる事と、多くの選択肢を持ち得意分野を探す事も大切です。
ただし、いつまでも青い鳥探しのように打ち込むことがないままでは、
身につけられることに限界があります。
一芸に秀でた何かを持つことは、「やればできる」という自分自身への信頼を育みます。
その自信が意欲となり、伸びしろになるのです。

[PR]
やる気いきいきいしど式
「そろばん教育」で未来を切りひらく力を。
全国270校47年の実績「いしど式そろばん」

関連するまとめ

第9回 「本質をつかむ頭を作る3つの方法」

第9回 本質をつかむ頭を作る3つの方法

石田勝紀 / 355 view

子どもが嘘をついたら【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1117 view

おうちでの練習時間【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 508 view