こんにちは、セブでいしど式そろばん塾を運営しているT. Meiです。
今回はフィリピン・セブに拠点を構えるNPO法人セブンスピリット様の活動のご紹介、また2017年6月3日に行われたそろばんレッスン初回授業の様子を振り返って行きたいと思います。

NPO法人セブンスピリットとは?活動内容やミッションについて

セブンスピリット田中代表(左)と演奏会に向けて練習に励むセブンスピリットの子どもたち

セブンスピリット田中代表(左)と演奏会に向けて練習に励むセブンスピリットの子どもたち

NPO法人セブンスピリットは、フィリピンを拠点に音楽・スポーツ教育活動を通して子ども達のライフスキル(=生きる力)の育成に取り組んでいます。
2016年12月11日 セブイースタンカレッジで行われたソロ演奏会の様子

2016年12月11日 セブイースタンカレッジで行われたソロ演奏会の様子

講堂に子ども達の歌声が響き渡ってました。セブに来たら演奏会へGo!

2016年12月15日 セブ市庁舎で行われたクリスマス演奏会

2016年12月15日 セブ市庁舎で行われたクリスマス演奏会

演奏のレベルも高いし、見ていて何より心が癒されます。

NPO法人セブンスピリットは、日本人が運営するNPOでフィリピン・セブ島を拠点に活動しています。また音楽・スポーツ活動を通してライフスキル(=生きる力)の育成に取り組んでいます。

セブ市内ダウンタウン地区に音楽スタジオを構えており、近隣の子どもたちが演奏の練習をしに毎日通っています。

現在、セブで開催される様々なイベントへの出演依頼が来るほど有名になりつつあるようです。子どもたちはそういったイベントで「最高の演奏」をするために毎日教室に通っているようです。

セブンスピリットにはどんな子ども達が通っているの?

現在、セブンスピッリットへ通う生徒数は総勢70名を越えており、みんなほぼ毎日、学校終わりに練習しにセブンスピリットへ通っているとのことです。

多くの子どもは決して裕福とは言えない生活を送っており、スラムから通う子もいます。けれどもそんなことは関係無いと言わんばかりに、みんな無邪気な笑顔を見せてくれます。毎回こちらが元気をおすそ分けしてもらうばかりですね。

小学校からハイスクールまでと幅広い生徒が通い、長く通っている子はリーダシップを発揮し、新しく入ってきた子ども達の面倒をみたりしています。

基本的に音楽を学びたい子はどんな子でもセブンスピリットへ通えるようですが「どんなに貧しくても、諦めずに学校に通っている子」を一応の入学条件にしているとのスタッフの話が印象的でした。

確かに公立校なら無償で通えるのに、それを避けて音楽を学ぶことは少し違うなと思い、すんなりと筆者は納得できました。「生きる力」を養うには小学校レベルの基礎教育は必須です。

*フィリピンでは全体の「52.9%」しかハイスクール卒業までの義務教育を修了できていないとのことで、深刻な問題を抱えていることが垣間みえます。
参照:http://seven-spirit.or.jp/mission/

初めてのそろばん授業

初めてのそろばん!楽しんでくれたかな?

初めてのそろばん!楽しんでくれたかな?

セブンスピリット様でのそろばん指導は、2017年6月3日(土)から開始しました。
初めてのレッスンでは、計算テストや簡単な足し算引き算のそろばん指導を行いました。

突然の計算テスト!みんな顔が引きつっていますね。。

突然の計算テスト!みんな顔が引きつっていますね。。

さて、今回はNPOセブンスピリット様の活動紹介と初回レッスンの様子を記事にしました。今後も追って近況のご報告していきたいと思います。

今回はここまで!
最後までお読み頂きありがとうございました!

T. Mei

2016年末より、フィリピン・セブ島でいしど式そろばん塾を運営しています。
”海外&そろばん”というテーマを軸に、記事を発信していきたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング