子どもに伝わる褒め方

「褒めて育てる」という方針の親御さんが増えていると感じていますが、
なぜかお子さんは「あまり褒められない」と認識していることが多いようです。

「褒める」というのは、出来たことに対して結果を褒める承認と、
無条件での承認の2通りがあります。

「良く出来たね」「良い点が取れたね」など、
できた結果に対して批評をすると、
子どもは「出来なかったら褒められない」と思い、
失敗しそうなことを避けるようになります。

実は結果だけを評価しがちになっている?

「やりたくない」という言葉には「興味がない」だけではなく、
失敗を恐れる意味合いがある場合も多くあります。

子どもの頃を思い出してみて下さい。
子どもの頃、テストが好きな人は少ないのではないでしょうか?
それは、結果を評価されるからですよね。

また、我が子を一生懸命褒めようとしても
「途中で投げ出すから、褒められるところが無いんです」というのは、
結果を褒めようとしているからですよね。

「褒める」よりも「認める」言葉が大事

子どもに必要なのは「褒める」というよりも、承認の言葉です。

「頑張ったね」よりも「頑張っているね」
ねぎらいの言葉「有難う」「助かるわ」「嬉しい」
受け止め、理解を示す言葉「そうなんだ」「分かるよ」「うん、うん」

もっと、子どもに自信をつけて欲しいとか、
色々なことにチャレンジして欲しいと思ったら
「褒める」よりも「認める」を意識してみる良いでしょう。

評価ではない無条件の承認があってこそ、
子どもはのびのびと育ちます。

関連するまとめ

心配過剰なお父さん、気を付けて【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1384 view

親が笑顔でいるための努力をしていますか?【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 854 view

そろばんで育む忍耐力【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 2650 view

いしど式代表 沼田先生

いしど式代表  石戸珠算学園 学園長 
沼田 紀代美 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング