モチベーションを上げたければ、●●せよ

「何となくやる気が起きない」そんな時は、
何をやっても生産性が上がらないばかりか、
ちょっとしたミスを繰り返してしまうことがあります。

仕事でも、スポーツでも、モチベーションを
高く保ち取り組めたほうが成果が上がることは明らかです。

では、どうやってモチベーションを上げるかというと、
それは「挑戦」することです。

気持ちを高揚させるためには

今までにやったことの無いことに挑戦する。
行ったことの無い場所へ行ってみる。

食べたことの無い料理を食べてみるとか、
ほんのささやかなことでもいいのです。

お出かけして、初めてのレストランに行くというだけで
ちょっぴり、ドキドキ、ワクワクしませんか? 

そんな時は、脳から刺激ホルモンが分泌されて
気持ちを高揚させてくれるのです。

勉強でも、新しいノートやペンを買ったりするだけで
意欲がわいてくることもあるでしょう。

そんな小さな事をきっかけにやる気が出てくると、
脳が前向きになり勝手に次への挑戦、
高い目標を設定しはじめます。

挑戦することを決めた子どもに親ができることは?

いしど式では、日々増えていく丸の数、
スモールステップで進むテキスト、
妖怪カードやポイントなど、
日々の小さな刺激からやる気を引き出し、
検定試験や競技大会等の高い目標へと導いていくのです。

自分で挑戦したい事を決めて、やり始められるなら
親はとことん応援をしていけばいいだけです。

慎重派の子どもは挑戦をためらう場合も多いでしょう。

それは、失敗を恐れる気持ちからきているので、
結果を求めるのではなく、挑戦することを目標にしましょう。

「そろばん大会チャレンジしてみたら」
そんな一言が、モチベーションを上げる
きっかけになるかもしれません。

[PR]
やる気いきいきいしど式
「そろばん教育」で未来を切りひらく力を。
全国270校47年の実績「いしど式そろばん」

関連するまとめ

ラベリング効果で子どもを伸ばす【そろばんの先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 2566 view

第4回「論理より感性が重要」

第4回「論理より感性が重要」

石田勝紀 / 1289 view

習い事ってどうやって決めればいいの?【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1121 view