姉妹で同時にそろばんスタートその結末は?

ある姉妹が、同時にそろばんを習い始めました。
お姉ちゃんは小学校2年生。妹は年長さんでした。
最初の1年間はお姉ちゃんがどんどん進んでいきました。
しかし、5級ぐらいになると妹がどんどん追いついてきました。
お姉ちゃんは何でもできる優等生で、今まで妹には負けたことがなかったと思います。口には出さないけれど、お姉ちゃんはプレッシャーで日に日に表情が硬くなっていくのが分かりました。
明らかにイライラもしていました。
ある時、同じ級の検定試験を受けた結果、なんと妹だけ合格。
お姉ちゃんが声も出さずに大粒の涙をポロポロとこぼしていた姿が今でも忘れられません。

涙にも種類がある そのときの涙の種類は?

もし、あなたが親ならその後どうしますか?
妹に抜かされたら辞めさせますか?それとも続けさせるでしょうか? 
お子さんの性格や状況によって異なりますから、正解は一つではないでしょう。でも、この悔し涙はとっても価値があると思いました。
涙には「わがままを押し通そうとする涙」「感情が高ぶった涙」「甘えの涙」など、いくつもの種類がありますが、「悔し涙」は自己を成長させる涙です。
合格した妹が悪いわけではありません。
もちろん、お母さんが悪いわけでもありません。
他人のせいではないけれど、自分だって悪いわけではない。
相手のせいではなく、自分に向き合わなければその悔しさは解決できません。
ですが、そうした事を学ぶ体験が幼少期に出来ることは貴重な体験です。
大人になった時にこそ、悔し涙を拭いて立ち上がれるようになってほしいと思います。

「めげない」「逃げない」「諦めない」

その後、お姉ちゃんはそろばんを続けましたが、
妹よりも先に進級することはありませんでした。
けれど、神経質に周囲を気にすることがなくなり、
おおらかな性格に変わっていきました。
「めげない」「逃げない」「諦めない」幼少期にたった一度でも、そろばんを通じてそんな経験をしていただけたらと思います。

関連するまとめ

強制では勉強が嫌になる!【先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 506 view

人生で成功するため力を身につける【そろばんの先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 479 view

「けなして伸びる子なんていない」【そろばんの先生のひとりごと】

シリーズ【そろばんの先生のひとりごと】 そろばんの先生から、保護者へ 学習のヒントだけではなく、子育てのヒン…

いしど式代表 沼田先生 / 1182 view

関連するキーワード

いしど式代表 沼田先生

いしど式代表  石戸珠算学園 学園長 
沼田 紀代美 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング